カタログ請求

家族の心を癒す「畳の間」。暮らしにもたらす楽しみは?

日本独特の多目的室が「和室」で、昔から茶の間、客間、寝室など、さまざまな用途に使われてきました。現在は、本格的な和室は少なくなりましたが、ちょっとした「畳の間」は根強い人気!お昼寝したり、洗濯物をたたんだり、子どもの遊び場にも便利。リビングにつなげたオープンな使い方や離れ風の非日常を味わえる空間など、畳生活を楽しんでいるお住まいを紹介します。

リビングにつながるセミオープンタイプ


施工会社:無添加あいの家
リビングにつながる和室は、家族の声や気配がわかるセミオープンタイプ。文机もあるくつろぎ空間には、あえて階段を設けて特別感を演出しました。

会社情報はこちら↓
漆喰と無垢材…自然派の「無添加あいの家」で叶うココロとカラダにいい暮らし

おしゃれ和モダンな空間に


施工会社:折笠工務店
“小上がりリビング”に琉球畳を敷き、おしゃれな和モダンな空間を実現。漆喰仕上げの壁の一部にレッドシダーを貼るなど、自然素材にもこだわっています。

LDKのフロアの一部をフラットな畳コーナーに


施工会社:伊藤建友
LDKのフロアの一部をフラットな畳コーナーに。施主様の希望した「ベタ座り&床暖房でポカポカ」を叶え、足を伸ばしてくつろげる生活を楽しんでいます。

会社情報はこちら↓
長く使っていくうちに味わい深く馴染んでいく「伊藤建友」の家

美しい和室を残しつつリビングとの一体感を


施工会社:エコリビングパークしらかわ
秋田杉の竿縁天井、欅の床板、槐の床柱などで美しくしつらえた和室は客間に。オリジナルの蔵戸(格子戸)を全開にすれば、リビングとの一体感も楽しめます。

このコラムをシェアする

CATALOG

各工務店の魅力がよく分かる
カタログをお送りします

カタログを請求する
ページの先頭へ