カタログ請求

ママ憧れのキッチンは本当に使いやすい?アイランドキッチンのメリット・デメリットって?


アイランドキッチンは、調理スペースやシンクなどが壁から離れた場所に配置されているキッチンのこと。ダイニングやリビングと向かい合うような形になっていることが多く、料理中に家族とコミュニケーションが取れるのがポイントです♪
しかし、場合によってはアイランドキッチンが向かない場合もあるそう。メリットとデメリットの両方を比較し、後悔のないキッチンづくりを検討してみて!

アイランドキッチンのメリット

その1 開放感がある
壁や仕切りのないアイランドキッチンは、周囲を回遊できるつくりになっているのでキッチンへの出入りも楽ちん。視界を遮るものもないため、空間を広く見せることができます。

その2 複数人でも料理がしやすい
左右両方から出入りすることができ、複数人で料理をしても立ち位置や作業導線を確保しやすいのもアイランドキッチンならでは。広々とスペースを使うことができます。

その3 コミュニケーションを取りやすい
対面式の多いアイランドキッチンでは、料理中でもリビングなどにいる家族と常に顔を合わせることができるのも嬉しいポイント。お子さんの様子が確認できるのが良いですよね。

その4 自由な空間設計が可能に
アイランドキッチンはレイアウトの自由度が高いのも◎。キッチンの片側にダイニングテーブルを付けたり、カウンターにしたりと、自分の思うスタイルやデザインも取り入れやすい!

アイランドキッチンのデメリット

その1 広いスペースが必要
キッチンを壁から離してつくるアイランドキッチンは両サイドに通路が必要です。限りあるスペースでは、アイランドキッチン自体が導入できないこともあるそう。

その2 キッチンが丸見え
開放的な印象を与える一方、丸見えになってしまうのもアイランドキッチンの特徴。ダイニングやリビングから常に見えてしまうので、汚れや片付けができていないと汚い印象を与えかねません。

その3 ニオイが拡散しやすい
壁や仕切りがないアイランドキッチンは、料理の際にでたニオイや煙が部屋中に広がりやすいという特徴があります。特に、IHクッキングヒーターの場合は、上昇気流が弱いため、換気扇を回していても、湯気や煙を充分に吸いきれない場合あるんだとか。

その4 汚れが飛び散りやすい
キッチンの周りに遮るものがないと、油ハネや汚れが飛び散ってしまいます。煙にのって部屋中に拡散した汚れは油を含んでいるので、床や壁にこびりつきやすくなかなか落ちないので注意が必要です。

アイランドキッチン実例

メリット・デメリットそれぞれありますが、工夫次第で使い勝手を良くすることができるのもアイランドキッチンならでは!ここからは、見た目のおしゃれさと機能性を両立した、各工務店の実例を紹介します。

毎日の料理が楽しくなるキッチン


施工会社:大原工務店
料理や掃除がしやすいフラットなタイプ。広々としているのでホームパーティーや大人数での調理も◎。リビングとの距離感も近いので、料理中でも家族との会話が弾みそうです♪

会社情報・[無料]個別カタログ資料請求はこちら↓
建てる人のライフプランに合わせて画期的なデザイン住宅を叶える「大原工務店」

汚れ防止と大容量の収納で家事が楽になるキッチン


施工会社:小室建設
IHクッキングヒーターに透明パネルを設置したキッチン。これなら油ハネや汚れの飛び散りが気にならない!壁側には造作した家具を配置しすっきりとした収納が可能に。

会社情報・[無料]個別カタログ資料請求はこちら↓
確かな住宅性能と高いデザイン性のバランスがとれた家を手掛ける「小室建設」

DIYも楽しめる!ライフスタイルに合わせたキッチン


施工会社:LIVES
DIY好きな施主様が手を加えていけるよう、キッチンはあえて板張りに。これからどう変化していくのかも楽しみですよね♪壁側はタイル張りにし、お気に入りのアイテムを飾れるよう棚を造作。施主様が集めたインテリアが映えてとってもおしゃれ♡

会社情報・[無料]個別カタログ資料請求はこちら↓
家が人生を楽しむ拠点になるLIVE FREEな家づくりを提案する「LIVES」

いつでも家族の存在を感じられる可愛いキッチン


施工会社:無添加あいの家
白を基調としたリビングに繋がるキッチンは、タイルと木材がアクセントになっており可愛らしい印象。吹き抜けになったキッチンからは、どこにいても家族の存在を感じられます。

会社情報・[無料]個別カタログ資料請求はこちら↓
漆喰と無垢材…自然派の「無添加あいの家」で叶うココロとカラダにいい暮らし

このコラムをシェアする

CATALOG

各工務店の魅力がよく分かる
カタログをお送りします

カタログを請求する
ページの先頭へ