カタログ請求

薪ストーブのメリットや注意すべきポイントとは?


火の揺らめきや暖かい雰囲気が魅力的な薪ストーブは、癒しの空間を演出してくれるだけでなく、優雅な時間を味わえる暖房器具です。今回は、薪ストーブを取り入れたお家の施工経験が豊富な「創作家」の小賀坂社長に、薪ストーブの魅力や考えておくべきポイントを伺ってみました。


<お話を伺った人>小賀坂社長
長年ハウスメーカーで大工として働いてきた経験の持ち主。大工時代は職人の立場ゆえ直接の提案ができずに歯がゆい思いをしたことから、創作家を起業してからは打ち合わせ〜施工までご自身で担当し、施主様の気持ちを第一にした「2人3脚の家づくり」を行います。

Q.薪ストーブのメリットや魅力を教えて下さい


A.薪の火を見たり、薪の燃える音で癒される時間、薪の温かさなど、目・耳・体で体感できる「癒し」が一番の魅力だと思います。また、家の中を暖めながら料理ができるのもポイントですね。ピザやオーブン料理、お肉や煮込み料理など、薪ストーブで作るだけで味が違って面白いです。

【薪ストーブのメリット】
・薪ストーブの火に癒される
・料理ができる
・洗濯物が乾きやすい
・ガスや電気を使用しないため停電時には頼りになる

Q.薪ストーブを検討する上で注意すべきポイントはありますか?


A.薪のコストやメンテナンス費などの金額は予め考えましょう。また、煙突から出る臭いは住宅地だと4.5軒先から注意される場合もあります。周りが自然に囲まれているお家ならそこまで気にすることはないのですが、周辺環境の配慮が必要です。

【薪ストーブの相場価格】
本体価格は種類によって様々ですが、本体と施工費などで大体150万円位が目安。

【年間の薪代 目安】
※15〜20帖のLDKを暖める場合のおおよその目安です。
●●●●●円

【本体や煙突のメンテナンスについて】
ご自身でメンテナンスをすると、煤や汚れが取り切れず近所の方に迷惑がかかってしまう可能性が。料金はかかりますが、施工会社とメンテナンス契約を結べば安心して管理ができるのでおすすめです。メンテナンス費や薪ストーブの保障などは、施工会社やメーカーによって変わるので予めご確認を。

Q.薪ストーブを施工する時のアドバイスがあれば教えてください


A.熱効率が良い無垢材やぬり壁を内装に使用するのがおすすめです。薪ストーブの遠赤外線が、周囲の無垢材やぬり壁に届くことで空間全体が温まりやすくなりますよ。


また、薪ストーブを活かせられるような間取りを施工会社にお願いするのもポイントです。例えば、リビングをダウンフロア(サンクンリビング)にすると、こもって寛げる空間が生まれるので、薪ストーブの火でじんわり暖まりながら家族団らんの時間を楽しめますよ。

まとめ―
薪ストーブのメンテナンス費や毎月のコストは決して安くありません。その代わり、料理をしたりリビングで寛いだりと家族団らんの時間を作れるのは、お金に変えられない貴重な時間ですよね。失敗しない薪ストーブの家を建てるためには、コスト面はもちろん、薪ストーブの用途をはっきりとさせた上で、間取りや暮らしのイメージをきちんと考えることが大切だと思います。「創作家」の小賀坂社長が話されていたポイントをおさえて、しっかりプロに相談してみましょう♪

会社情報・[無料]個別カタログ資料請求はこちら↓
確かな施工力と収納の専門家として暮らしやすい家をとことん追求する「創作家」

CATALOG

各工務店の魅力がよく分かる
カタログをお送りします

カタログを請求する
ページの先頭へ